自転車のサドル位置の適切なポジションは?

自転車のサドルの位置は、普段よりも少し高めにするのがおすすめです。

自転車を漕ぐ姿勢は、実は少し前傾姿勢の方が、二の腕や腹筋にバランスよく力が加わるため、ダイエット効果が飛躍的に高まるんです。
少しサドルの位置をあげただけで、ウォーキングやジョギングとは全く違う、上半身も活用した全身運動になるんですよ。

具体的には、ペダルがサドルの真下に来る位置の時、両膝が若干曲がるほどの位置がベストです。

自転車を漕ぐことを習慣づけると、足がパンパンに太くなるとお思いの方も多いと思います。
ですが、上記のようにバランスよく全身に負荷がかかるようにして、無理なく乗る程度では筋肉はつかず、脂肪が落ちていくだけにとどまります。

筋肉には速筋と遅筋の2種類があります。
筋肉が大きくなったということは、速筋がついたということになります。
自転車を普通に漕ぐだけでは、普通の有酸素運動になるため、速筋がつくことはなく、反対に足が引きしまる遅筋がついてきます。

例えば急な坂道を上るなど、筋肉が苦しい状態で負荷をかけ続けるなどを繰り返せば、速筋が鍛えられてしまいますが、平たんな道を無理なく進むだけでは、遅筋が鍛えられ、引き締まることにつながりますよ。